浮々草

ひっそりと、着実に。

『こんな夜更けにバナナかよ』を観た

先週末は三連休で三本映画を観た。
とくだん映画好きってことはないんだけど、たまに行くとやっぱいいよねと思う。

 

もともと『ボヘミアン・ラプソディ』でも観ようかと思って映画館を調べたらやっていて、時間つぶしにチケットを取っただけだったが、とてもよかった。

 

いくつか印象的なシーンはあったけど、
序盤に、鹿野の「ぼくがわがままを言うのは、人の迷惑になるからと縮こまっている障害者に『生きるってことは迷惑をかけあうことだ』というのを伝えたいからだ」というような趣旨の、(少なくともこの時点では「何様だお前は」という印象を観客に与える)セリフがあって、これがぼくには刺さった。

 

ぼくは傷つき傷つけることを恐れて、人と関わることが怖いと感じる場面が多く、人間関係で引いてしまうことがある。もっと変わっていきたい。
仲良くなりたい人と仲良くなれないで終わる人生じゃもったいない。がんばらなきゃ。

 

この映画はストーリーとしては障害者とその周りの人々を描いているけど、内容やメッセージは実際は障害は関係ないところが多い。多くの人に見てほしい映画だと思った。